1mmHgは500円玉1枚くらいの圧力?


着圧ソックスのページを眺めていると、「1mmHgは500円玉1枚くらいの圧力だよ」って書かれています。

「ふーん」で終わってしまうのもアレなので、話題ついでに。


早速やってみた


500円硬貨は2種類あります。古いものは7.2g、新しいもの(平成12年以降)は7gです。間をとって7.1gとします。

面積を出してみる


500円玉の面にかかることを考えてみる。

26.5mm(2.65cm)なので、
1.325 x 1.325 x 3.14 = 5.512cm2

結果はどうなの?


この辺は面倒なのでさくっと行きますが、1mmHgは1.36g/cm2です。

ということは、
5.512 x 1.36 = 7.496g
500円玉の面積で1mmHgを加えるには、7.496g必要ってことです。


500円玉が7.1gですから約0.4g違いです。

18枚重ねたら1枚くらい違ってそうですが、物理やってるわけじゃないので、感覚としてわかることが大事ですしね。

手近にあるものってことを考えると、500円玉は妥当なのかな?と思いました。


500円換算するには?


これを書いておかないと、なにしてるのかわかりませんね(汗)
このサイトで500円何枚と書くときに使うことにします。せっかくやったんだしw

mmHgを500円何枚分とする場合


7.496gを500円玉1枚分で割っておきます。約1.056。
1.056 * mmHg = 500円玉の枚数

hPaを500円何枚分とする場合


1mmHgは1.33hPaなので・・・上と・・・(以下略)。約0.794。
0.794 * hPa = 500円玉の枚数


一応mmHgとhPaで逆算しておきます。
10mmHgの場合(13.3hPa)
1.056 * 10 = 10.56枚

13.3hPaの場合(10mmHg)
0.794 * 13.3 = 10.5602 = 約10.56枚

約10.5枚です。


posted by YJ | Comment(0) | むくみの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: