むくみを飲食から考えてみる

この記事に目を向けて頂きありがとうございます。


今回は、むくみの原因を飲食から考えてみましょう!

ケーキと飲み物01.png

飲み物がいつも手元にある


この習慣って直しづらいですよね…。
近くにあるとついつい手が伸びて飲んじゃいますよね?

アレがダメです!


寝る前によく飲む


これ、私もよくやってしまうんです100mlくらいが適量みたいです。


外食、インスタント食品、スナック菓子をよく食べる


これらは食塩が多く含まれがちです。

1日に食塩を摂取する量は、男性9g、女性7.5g以下が目安と言われています。
よほど気を付けていない限り、日本人は過剰摂取気味なんですね…。

カリウムを多く含んだ利尿作用のある食品を摂る(↑で挫折しそうな方)


1日のカリウム摂取量は、男性2500mg、女性2000mgが目安と言われています。塩分の摂り過ぎを調節する働きがあります。
バナナ、リンゴ、アボカド、キウイフルーツ、柿、(柑橘類)
きゅうり、ほうれん草、(緑色野菜)
アーモンド、ピーナッツ、小豆
牛乳、昆布、わかめ、にんにく、じゃがいも、さつまいも など

※カリウムは水に溶けます。調理をしたときには、煮汁などを有効活用しましょう。

サプリメントなどで上手く補助してあげるのもいいです。

67222e7c438a345b9a400cc347eb9094_s.jpg


そんなに簡単に習慣とか治らないし、何よりそんなの面倒!とか考えてるアナタ。
私みたいな人ですねw

そんなアナタには、
↓ ↓ ↓
エステのプレミアムコースで使用されている脚痩せジェル


みたいなアイテムを使うのも、ひとつの手ですね。


読んで頂いてありがとうございました。
posted by YJ | Comment(0) | むくみの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: